海人くらぶ最新ニュース&スタッフ日記

海人くらぶの今をお知らせしま~す

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP4144_R.jpg

2月26日(日)に、ハヤシスイミングクラブ@茅ヶ崎のプールを全面貸切して開かれた
「バーチャルロットネススイムin Japan」 と、本番ロットネススイムの記事が
月刊「SWIM」5月号(3月19日発売)に掲載されました。

P78 「水平線の泳ぎ方」というオープンウォータースイミングの情報コラムページです。

参加された方たちの楽しそうな写真もありますので、読んでくださいね!
スポンサーサイト
NEC_0209_R.jpg


3月17日(土)

朝から冷たい雨が一日中やまなかった昨日、レギュラー練習会@Bunbのあとに、
研修室も借りて、ロットネススイム報告会を行いました。

NEC_0211_R.jpg


うまく編集しきれなかったのですが、
プロジェクター使って、ビデオや写真のスライドショーをしたり
参加された方から、感激の感想をお聞きしたりして、
数週間しかたってないのですが、一緒に、大会に参加したチーム間で
交流したりしました。

NEC_0204_R.jpg


オーストラリアで船上でサポートしてくれた方から写真を送ってもらったものを
紙焼きにしてきてくださった方や、自分のカメラで撮った写真をプリントして見せ下さったりと
ビッグな体験をした「あの日」をなつかしみました!

NEC_0207_R.jpg

皆さん、ホント~に、完泳おめでとうございました!!

「家族が、よっぽど私がうれしい顔をして帰ってきたからでしょうか、
『元気なうちに、もう一回ぐらい行って来れば』って言ってくれたんですよ~」などといううれしい報告も。

「まずは、誘ってくれたお友だちがいたこと。
自分自身も、家族もその時に何かあったら行けなくなってしまうので、みんなの健康への留意も気をつけました。
心配なこともたくさんあったのですが、コーチとか仲間たちがたくさんのアドバイスをくれて応援してくれて…
本当に、無事泳ぎ切れてよかったです…。当日は、何も心配することなく楽しく泳ぎつなげることができました!」

そんな感想も、当日を迎えるまでの長い道のりをよく物語っていると思いました。

本当に、「行く!」「参加する!」と決めてから、「エントリーしてから」の当日まで、
スタートするまでのプロセスが、何でもそうですが、特に、このロットネススイムは、海外であること、
日本の冬だということなどなど含めて、長く、それゆえ楽しい要素のひとつ。

「みんなそれぞれに、体調が悪かったり、けがをしてしまったり…といろいろあって当日を迎えてしまったのですが、皆で無事、完泳できたのは、何よりでした」とMoon Dropsのお二人。

雨の中、遠方からわざわざ報告会にいらしてくださって、それもまたうれしかったです。

Duoチームの S石田さんのスピーチには、久しぶりに「洒落」と「オチ」もなく
大変、まじめなもので、それもまた、印象的でした(笑)

来年の大会は、2013年2月23日(土)です。

また、今年のように素敵な方たちが集まって、にぎやかに、なごやかに
行けるといいなあ~♪
IMGP4107_R.jpg

ブログアップが中断してしまいましたが、
3月11日(日)グアムでのOWS検定、無事終了!

夏の日差しのもと、きれ~いなプールでのびのびと皆さん泳がれ
受検者全員合格でした!

2級 2人
3級 2人
4級 2人

初の海外のプールを利用したOWS検定合格者。

IMGP4099_R.jpg

お仲間のタイム測定を見守る、3~4級受検者。

夏ですね~♪

IMGP4095_R.jpg

やはり、難関は立ち泳ぎ。本番前に、ちょこっと練習。
でも、大丈夫、皆さん、合格!

一応、参加者の方たちに確認していないので
全員集合写真は、公開できないのですが、
とってもうれしそうな、にこやかなよい記念写真が撮れました!

皆さんの、今後のますますの泳力アップ、水泳愛上昇応援しております!

おめでとうございました!

そうそう、日本代表のシンクロチームが合宿最終日で、帰りの飛行機一緒でした。

だから、プール入口にはこんな横断幕が。

IMGP4093_R.jpg


これから再度、国内合宿をしたあと、ロンドン五輪予選だそうです。がんばって~
IMGP4085_R.jpg


写真が縦にならない…

グアムのレオパレスリゾートのスポーツ施設に来ています。
http://tiswim.jp/workshop/speedup_camp.htm
宿泊E棟から見える50mプールダイビングプール(奥)と、
手前が50mのhttp://www.leopalaceresort.com/競泳用プール。

IMGP4086_R.jpg

宿泊の方は自由につかえるプールも50メートル。
ウォーキング用のプールもあります。

海人くらぶ通信の最終校を確認して、発送は事務局Nと、お手伝いに来てもらうI さんにお任せして
寒い日本を逃げるように、南国へ!

海人くらぶの仕事ではないのですが、いつか合宿やりたいと長年思っていたので、
下見もできてラッキー。

日本水泳連盟のOWS検定をグアムで合宿している間にやりたいという団体---トータルイマージョンさんからの依頼を受けたため
検定員が出張して、検定会を開くことになりました。

OWS練習会にも参加して合宿プログラムの中に取り込んでもらうことに。

3月9日(金)に到着。プール練習会に入れさせていただき、
今日は、海でのレッスン(を受ける側です)!と楽しみにしていたのに、
不覚にも、昨晩から朝にかけて体調崩し(何かにあたった?ノロ?疲れ??)と
突然のことで、防ぎようなく…。

一過性のものだったのかもう、良くなったのですが
今日は、実は一日寝ていて、グアムに来たのに海に行かず、明日、プールで検定会やって帰ります

いろんなことの下見にもなったし、
合宿主催者、参加者の方々とのいい出会いがあったし、
生まれて初めてのグアムだったし(近いですね~)
日常から離れるってやっぱり好きだし(笑)
何より、OWS検定のPRにも貢献できたし…、それでも来てよかった。

(海行くのに、立ち泳ぎや、ヘルプサインや、クロール以外の種目も必要…ということを
ちゃんと、参加者の皆さんに説明すると、なるほど~とわかっていただけました)

やっぱり、立ち泳ぎ、サバイバル技術…がハードルみたいです。

この前、行っていたオーストラリアのパースで20キロ泳が開催され、
たくさんの人が参加し続いているベースには、いや就学前からも家族で波になれたり、海に慣れたり
という環境や、学校がはじまれば水泳の授業の中に、自己保全(水上安全)という内容が同時に
盛り込まれていることが日本と大きく違うところ。

「浮いていること」「立ち泳ぎ」「助けてサイン」ほか、洋服を着たままの
20分泳ということが水泳の授業に義務づけられていて(しかも毎回10分程度…年に1回とかではなく)、
背のたたないところで、どう立ち振る舞うかの大事さ幼いうちに自然と覚えていく…ということがあります。

でも、日本では、そこがスコーンとぬけているので
海で泳ぎたい、OWSのレースに出たいと思ったときに、何キロを泳げるということ以外に
幅広い、安全技術も知っておいてほしいというのが、検定内容の幅広さの理由です。

これをきっかけに、そうか、そういうこともできた方が安全だよなあ~と
1人でも多くの人に気づいてもらえればうれしいです。

…と、体調もよくなりかけ、長くなってしまいました~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。