海人くらぶ最新ニュース&スタッフ日記

海人くらぶの今をお知らせしま~す

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大会の次の日, 船長、パドラー、コーディネーターの皆さんご招待して食事会。

来年の目標も宣言して、残りのパースの日々を練習に使うことに決定!(笑)




スポンサーサイト


Team FUJITA ゴーーーール!

16km~19km 南に流れる強い潮に苦戦を強いられ,後半時間内完泳がギリギリ?
それとも…と気をもみましたが,無事フィニッシュ!

9時間21分23秒( 午後4時21分)

まずは、速報
IMG_1192_R.jpg

6時15分からひと泳ぎ。

10時~、地方からの参加者向け(パース在住ではない、飛行機で移動してきたような西オーストラリア州内、
州外、海外からの参加者向け)事前説明会。


日本チームは日本語で行うので、雰囲気を見にだけ行ってみました。
場所は、Cottesloe Surf Life Saving Club.
IMG_1195_R.jpg

IMG_1196_R.jpg

IMG_1201_R.jpg

午前中、こんなに晴れていたのに…

午後から、怪しげな天候に。。

IMG_1214_R.jpg

Team Fujita #919

明日、7時に第一泳者スタートです。

スタート地点 コテスロービーチから、ゴールのRottnest島を臨む男たち。

TYR Japan 様 よりご提供頂いたおそろいのチーム水着で。

IMG_1211_R.jpg

昨日は40度あったのに、今日は涼しいです。
夕方は長袖必要。

明日の朝5時に、第一泳者以外の人たちは伴走船に乗り込むために宿を出ますが
予報では、その時間の気温18度Cとか…。

14時にやっと23度C.何だ~この温度差。

大陸だ~。でも水温が25~6度あるのが救い。

Good Luck !
IMG_1188_R.jpg

今週末の2月23日(土)はロットネスト海峡横断スイムです。

西オーストラリア州のパース、コテスロービーチから20キロ沖のロットネスト島までを
泳ぐレース。

今年は日本からたった1チーム(4人リレー)の参加となりましたが、
熱意は熱く、ミーティングでもう話が盛り上がりまるで完泳したかのような
盛り上がり(笑)

カンパーイ、Cheers ! とオーストラリアンビア‐と、ワインで土曜日の成功を
誓いあいました。

IMG_1185_R.jpg
>

明日は、ミーティングに来てくれたロットネスト海峡スイム協会副会長で
今年のレースディレクター、Selleyとコテスローでの恒例、朝スイムが6時15分です。


IMGP0816_R.jpg

先週に引き続き、千葉国際利用。

水温冷たいので、頻繁にお手洗いいかなくちゃ…の方も。

なるべく泳ぐメニューにしました。

2月末のバーチャルロットがあるので、500mの感覚を養うためのメインを用意。

メインの前は、
クロールの動作確認を確実にする片手ドリル、キャッチアップに
両手肩幅にして(下に斜めに下げてOK)の横向きに呼吸するキック(→→ そのあとのスイムで
正しい位置で呼吸でき、泳ぎが楽になる)などのフォーミング練習。

よいフォームになったあと、楽なペースで

Pull 100 *5
Swim 100 *5
500 *1 →→余裕ある人は、75 Easy 25 hard の繰り返しで。

Swim 100 ~200 IM

Down 100~200

そしておまけのデザートは、立ち泳ぎ~!(写真)

深さ慣れって海を目指す人にはとっても大事なので。
自分の身は自分で守る…、まずはどんな形でも背の立たないところで浮いていられるって
大事です
通信13Feb_R

今回も、ギリギリ連休前にアップ!

明日のレギュラー、11日のレギュラーにご参加の方は手渡しです。

発送作業は明日午後、いつもの助っ人 A美さんにお願いします。

お手元には、クロネコメール便なので、来週早々か半ばでしょうか。

バーチャルロットの詳細も載っていますので、参加される方は読み飛ばさないように。

ジンベイツアー(4月)のお申込み、お急ぎ下さい。

パラオツアー(6月)のプランをご参考にご希望お聞かせください。

3月に向けて皆さんのお便り、メールお待ちしております。

マスターズの大会に出た、花粉症が苦しい?楽になった、マラソン大会に出たなどなど
日常の小さな幸せでも、お知らせくださいね~
NEC_0797_R.jpg
2/5(火)海をイメージしての明るいデザイン、トライアスリートに人気のスイムウエア
TYR(ティア)の日本代理店 ㈱ライトアベイル社で、
2013年ミッドサマーのウエア展示会がありました。

波崎サーフライフセービングクラブ長、メンバーと一緒に
新しいウエアを見たり、今年のいろいろ情報交換。

NEC_0796.jpg

NEC_0798_R.jpg
NEC_0795_R.jpg

トライアスロンの雑誌「ルミナ」編集部へごあいさつ。

編集長のM山氏とは、ちょっとだけ面識があったのですが
あらためて、ごあいさつに。

ロットネスト海峡横断スイムに今年行かれるチームが皆さん、トライアスリートなので
ちょっとご紹介に。2月はオフでもあるので、トライアスロンを楽しむ方々にも
今後も、ロットネスト海峡横断スイムにチャレンジする方が増えるといいなあ~と思いまして。

左側の先月号には、ちょうど、ロンドン五輪OWS日本代表の平井康翔選手の指導による
「トライアスロン・スイム革命」というページも。

リカバリー時になるべくリラックスできるように、
ストローク効率のよい大きな泳ぎができるように…ということで

海人くらぶでも徹底して行う「キャッチアップ」「ワンアーム(片手)」ドリルや
水面を指先で触れながらリカバリーを行う「フィンガーネイル」のドリルが紹介され
手足をリラックスさせるために、重要な体幹がしっかりしていることの大事さにも触れ、
陸上での体幹を鍛えるトレーニングも写真で解説。

左の表紙がバイクの3月号は、発売になる直前に、見せて頂くことができた。

いずれもカラーの立派な雑誌。

その昔、私も今は亡き/なき、「トライアスロン・ジャパン」という雑誌の創刊から
数年、編集記者としてかかわったことがある。

約30年の時を経て、とっても高級感ある世界の情報や、複数のトップアスリートたちが
登場する「ルミナ」を手にして、トライアスロンという種目の発展に、敬服するばかり。

海を泳ぐオープンウォータースイムの世界の魅力も、
どんどん取り上げてもらえるとうれしいです。



IMGP0796_R.jpg

人数が少なかったのですが、初参加の方もいてよかったです。
みるみるうちにフォームがきれいになっていて、ラクになった!とご本人もおっしゃって。

病み上がりのNさんも、泳げてよかった!

メイン前のドリルは、キック→片手→キャッチアップで、姿勢と、左右切り替えの体重移動を感じる練習。
片手や、キャッチアップの時、のばしてある方の腕がフラフラしないこと、水の中を「かこうとしないこと」を繰り返しました。

来月、ここハヤシスポーツクラブで開催されるバーチャルロットネススイム(20kmを4人か、5人~10人チームで泳ぐ)で、1人最低500づつ泳いでリレーするため、メインのインターバルを500の塊のにしました。

Pull:50*10

Swim:100*5

Swim:500×1  ( 75Fr →25 choice)

そのあと、恒例の立ち泳ぎ→プール全体使って周回スイム


IMGP0795_R.jpg


IMGP0794_R.jpg

2月、またお会いしましょう~!

IMGP0798_R.jpg


2月は17日(日)です。

そして、2月24日(日)は、西オーストラリア・パースで行われる20kmのロットネスト海峡スイム
同じ距離を、プールでやろうという「バーチャルロットネストスイム」日本会場 がここハヤシスポーツクラブであります。

お楽しみに~!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。