FC2ブログ

海人くらぶ最新ニュース&スタッフ日記

海人くらぶの今をお知らせしま~す

IMGP5090_R.jpg

夜の懇親会は、場所をパラオ博物館に場所を移して、夕方から行われました。
<Belau Museum>
上の写真は、入口の外にあったパラオの伝統的な「バイ」と呼ばれる「集会所」だそう。

大事なことなどを、村長たちが集まって決めたりする場所なそう。

壁にサカナの絵が描いてあって、南洋の島っぽさがよく出ていました。

博物館?と思ったけれど、食事の準備ができるまで、博物館の中を見学してパラオの歴史や
文化を海外からの人たち(パラオ在住、海外から来た人問わず、大会に参加した外国籍の人たちや子どもたち)に
少しでも知ってもらおうという試み。

(撮影禁止だったので、中の写真はありません)

スペイン統治時代→ドイツ統治時代→日本統治時代→アメリカ領→独立 という歴史があり
日本統治化の時の資料は、日本語で書いてあるため、リアルに
戦争の爪痕が読み取れ、身がしまる思い。

それでも日本に対して、友好的な方は多く、パラオで外来語として使われている日本語の多さに
ビックリします。

弁当は「ベントー」(ランチボックス)とか
日本名も多かったりします。

親が日系の場合もあるけれど、名前にあこがれて、AKIWO(アキオ)とかつけたりするらしい。

さて、写真撮っていい場所には、
スポーツの業績を、展示しているコーナーも。

IMGP5095_R.jpg

Tinaさん(志摩さん)が役員で参加した北京オリンピックでの写真。

IMGP5101_R.jpg


パーティー(ディナー)は、博物館のカフェの場所を借り、あとで知っただが
料理は、水泳協会のメンバーで、各自担当者を作り、持ち寄ったのだとか!恐縮…。

外の壁に、昼間の大会の写真がスライドで流されているのは、すごくよかった!

IMGP5104_R.jpg

食事は、まず子どもたちが先に。

IMGP5105_R.jpg

どれもおいしく、珍しく、写真は全部ではなく、デザートの多さにもビックリでした。

よそうのを手伝ったが、お刺身もあって、しかも子どもたちが皆、大好きみたいなのだ!

わさびも、しょうゆも好きみたい

IMGP5106_R.jpg

タロイモいろいろ。
IMGP5110_R.jpg

他に、丸ごとでっかいオサカナの葉っぱにくるんで蒸し焼きにしたものや、
蒸し鶏、トリのバーベキューなどなど。

IMGP5116_R.jpg

IMGP5118_R.jpg

お皿を置くお盆的なものは、手作りで、(あっ、何の植物だった?)葉?茎?であんであります。

乾燥したところに数日置いておくと、茶色に乾き、カゴになるそう。

IMGP5126_R.jpg


ボランティアで、パラオ在住でお母さんが日本人というお嬢さんが海外からのスイマーに対しての
歓迎の
素敵なクラシック演奏を披露してくれました。

すごい、指の動きでした。

たらふく頂いて、最後に博物館のスポーツの国際主要大会選手・役員の写真が
貼ってあるところで、パラオのスイマーたちと一緒に、集合写真。

IMGP5129_R.jpg


この中には、ロンドン五輪選手もいれば、
次のリオ(ブラジル)に向けて、育て上げたい選手も交じっています。

がんばってね~!



スポンサーサイト