FC2ブログ

海人くらぶ最新ニュース&スタッフ日記

海人くらぶの今をお知らせしま~す

またまた今頃、すみません。
即時性が、大切なブログなのに、いっつも1週間遅れ

1/24レギュラー

体験の女性も合わせて、10人強。
ゆったり、じっくり練習して、
意外なことに、気づいたり
発見したりで、
「うわ~、やっぱり来てよかった~」と
ベテランスイマーさんたちにも言われて
充実感あったコーチ陣です。

メニュー by Sコーチ

かゆいところに手が届く、細かいからだの使い方が
とっても勉強になりました。

その日のポイントは、、あらためて「呼吸」とフィニッシュの「腕使い」とでもいいましょうか~ 

呼吸は例えば…

泳ぐときに、軽くとめて、とめて、はいて、パッ (4回に1回呼吸の場合)などなど
普段、無意識な呼吸の確認

「軽く」とめる…が大事に、「うっ」と力をこめて(無意識でも)
とめてしまうと、疲れやすいです。

また、ずっと吐き出し続けるのも、肺にためておく息を
出し切ってしまっても苦しい。

…当たり前のようですが、あらためて
確認してみると、結構という発見がありましよ。

あとは、フィニッシュのドリル…。

スカーリングとは違って、進まなくてもいいので、ももを
手のひらで、おおいなでるように(写真参照)

…でも、ももから離して(脇の下に体温計挟んでいるように)
ゆっくり動かす動作をまず、はじめは、立ったまま。

動きを覚えた後、
その後、水に浮かんでやってみました。

ドリル1

ドリル2

ドリル3


手にまとわる水の感じを感じ取るのに集中してみて下さ(スカーリングとは違います)。
肩からの腕の動きを確認、獲得する練習です。

その後、クロールで、5ストロークしたら、
フィニッシュの方の手は、もものところで手をのばしたまま
上記の動作をしてみます(=伸びている)。
これを交互に5ストロークづつ。

大きく伸びた、よい泳ぎにみなさん、みるみる変わっていって
よかったで~す。


こんな風に、手の平がももを覆うようではなかったり、
手が丸まったり、手首が曲がったりするのはNG

NG1
NG2
NG3

メインのインターバルも100の繰り返しをガッツリやって
細かいドリルを確認しつつも多いグループで3000m(アップいれて)弱。
ゆっくりグループでも2000以上泳ぎました。

体験の新しい方に、みなとっても優しく
暖かいな~、という雰囲気の練習会でした。
いつもですが…
スポンサーサイト